香水の香り

自分で気付きにくいかも

まえにボディソープデオラのことも書いたんだけど、香りのことで悩みもありますね。
ただ何でも対策すればいいってものでもなくて、ちゃんと考えて買いたいなって思ってる。
香水でいうとストーリアなんて人気ですが、香りは好みもあるので、実際に使ってみないと分からないこともあるんです。
美容のことに話題がかわりますが、セラミドなどの角質細胞間脂質が減ると、角質細胞間脂質によって支えられていた角質細胞がぐらついてしまい、角質細胞の一部が剥がれ落ちてしまう事態を招いてしまう。朝一番のラジオ体操やストレッチで、体を起こすというだけでも何もしないよりはマシだろう。食べ物の趣向によって、性格にも影響を与えるとも言われるくらいだ。また寝不足などでターンオーバーが低下することでもセラミドは減少する。しかしきちんと適量使わないと、せっかく思い切って高価な化粧品を購入したのに、その効果を十分に肌で実感できずに無駄金になりかねないのだ。加齢臭とうと、どうもおじさんの臭いというイメージがありますが、決して男性だけのものでもありません。)加齢による「たるみ毛穴」や、生まれつき遺伝的に毛穴が大きい「開き毛穴」の人に共通して行える対策があるという。肌表面に一番近い「表皮」には一番表面から順に角層、角質細胞、そして表皮の下にある「真皮」との境目にあるのが基底層というつくりになっているのだが、この角層から下(角質細胞、基底層)の部分が肌の生産工場となるのだ。
季節としては今はましですが、確実に加齢臭ってのが自分にもついてまわってると思うので、その当たりも考えて香水も選びたいところだな。

 

香水とプレミアムパヒュームストーリア

 

香水なんていくらでもあるので、好みで選べばいいわけですが、加齢臭とかを気にするなら、プレミアムパヒュームストーリアという選択肢もありだと思います。男性に人気なのですが、きつすぎる香りって敬遠されがちなので、そういう点で人気なのかもしれません。体臭を消すわけではないので、それは別に対策する必要があると思いますが。
プレミアムパヒュームストーリアの販売店を探す
販売店もあるんですが、どこで買えるかはもう少し調べてみるとします。